ワンピコーデの着こなし術

25th 10月, 2013 - Posted by 1B4iMo1J - コメントは受け付けていません。

いろんなタイプの素材やデザインのワンピースでオシャレを楽しみたい季節になってきました。
ふんわりフォルムのエアリーな仕立てのワンピでドレープの利かせれば、エレガントなシルエットが成熟した女性の色気を演出してくれます。
横に開いたボートネックでデコルテを大人っぽく演出するのもマル。
オーバーサイズはこの秋冬に勢いづくから、先取りしておきたいですね。
朗らかなエッグシルエットが格上のおしゃれ志向を印象づけます。
ブラックドレスには、大ぶりなストーンネックレスでクールさと華やかさを増量しましょう。
ブーティーで足元をモードに固めるのもいいでしょう。
ワンピの王道とも言えそうな総花柄のタイプは1枚で華やかに見えますが、色や柄次第では女っぽさやキュート感のボルテージが上がり、濃度を落とすコーデが大事になります。
赤をベースに、涼しげなブルーの花模様を散らしたデザインなら子どもっぽく見えにくいですよ。
花柄を現代アート風にひねったモチーフはパッと見では花柄と分からなくても、ナチュラルな雰囲気を醸し出してくれます。
ルーズに見せない決め手は白のシャツ襟。
シャープな印象を与え、きちんと感も出せるんです。
正面中央ゾーンにドレープを寄せた仕立てが優美な着姿を印象づけます。
オフィスのドレスコードにも近年、かなり変化があり、ワンピース姿を受け入れる下地が徐々に整ってきています。
ワンピをオンでも上手にまとうには、やはり羽織り物やアウターとの重ね着が大切になってきます。
ただ、1枚で着る場合でも、色・柄やシルエットに気を配れば、「お仕事ワンピ」もぐっとオシャレになります。
オンでもオフでも意識したいのは、ワンピ特有のエレガンスや落ち着きを損なわない着こなしです。
靴やアクセで1点、ハズしをたくらむのはかえって持ち味を引き出しますが、全体のトーン&マナーは品よく保ちましょう。