アフィリエイト初心者が知っておきたい媒体の種類

アフィリエイトで使う広告媒体とは

ネットで稼ぐビジネス形態の一つにアフィリエイトがあります。広告媒体に紹介記事やその他のコンテンツを掲載し、訪問者に興味を持ってもらうことができると報酬が発生する仕組みを使います。広告を掲載する媒体には、いくつかの種類がありますのでここでご紹介していきます。主体となるのはブログやホームページが一般的ですが、その他にもメールを発信するメルマガや動画投稿サイトを使う方法も人気があります。ブログやオームページ場合、サーバーのレンタルやドメインの取得など、数千円程度の初期コストがかかります。従来は、ブログやホームページを立ち上げるために、HTML言語に関する知識やサーバー運営のノウハウを学ぶ必要がありましたが、CMSやその他の仕組みが整理されて初心者に参入しやくなっています。専用ブログを立ち上げる際に、多くの人が使っているワードプレスの取り扱いも煩雑な手続きを減ることなく利用できる環境が整ってきています。したがって、記事を書くことに専念できるため初期の頃に比べて、有りフィリエイトがやすい環境です。もし最初のうちはお金をかけずにはじめたいと考えるなら、お金をかけない種類のサービスもあります。例えば、無料ブログや無料レンタルサービスを使用して始めることができますので、ますます参入障壁は低くなってきていると考えてよいでしょう。

アフィリエイト初心者なら媒体ごとの特徴を理解しよう

全くの初心者であれば、失敗したときのことを考えて無料ブログシステムを活用すれば良いでしょう。メルマガの場合、読者をいかに獲得し有用な情報もしくは面白いコンテンツを提供し続けることができるかにかかっています。読者を獲得するためには、ネット上で有名になったり人気となるコンテンツを提供してコツコツと読者を獲得していくことが必要となります。多くの読者にたくさんメールを配信したり、読者の登録、退会の処理の手間を軽減するためには、有料のメール配信サービスを活用するのが得策です。ブログなどで人気を獲得した上で、メルマガへ誘導したりと、宣伝行為が必要となりますので、どちらかと言えば中級者以上の手法と言えるかもしれません。

初めてでもやりやすい稼ぐ手法とは

いくつかの種類があるASPに登録したのち、自分に合っていると思えるものを使って宣伝の対象となる広告を選び、これを紹介していくスタイルが主流となります。ブログに紹介記事や体験談を書き、共感してくれた読者が紹介リンクを経由して商品を購入すると報酬が発生します。はじめのうちは、検索エンジンにキャッシュされませんので、コツコツと記事を増やしたり宣伝を行う必要があります。また、SNSを活用して紹介していく手法もありますが、いずれも対象となる読者やフォロワーを多く持っているメディアが有利であることは言うまでもありません。youtubeなどの動画サイトに動画を投稿して、多くの視聴回数を得ることができるなら、この方法も一つのアフィリエイト手法として成立させることが可能です。いわゆるユーチューバーと呼ばれる存在のことです。日常のネタであっても役立つ情報であって、面白いものであれば初心者でも作りやすいですし、一気にバズって大きな広告収入を得ることができるチャンスがあります。

記事を共有する